今日は、建設業の経営事項審査申請を申請するにあたり必要となる、「経営状況分析申請」を行いました。

 「経営事項審査」とは、公共工事の入札に参加する建設業者が必ず受けなければならない審査です。

 公共工事の各発注機関は、競争入札に参加する建設業者が欠格要件に該当しないかどうかを審査したうえで、「客観的事項」と「主観的事項」の審査結果を点数化し、順位付け及び格付けを行います。
 このうちの、「客観的事項」の審査が「経営事項審査(経審)」と呼ばれる審査制度です。

 本審査は、「経営状況」と「経営規模、技術的能力、その他の客観的事項」について数値により評価するもので、「経営状況」の分析については、国土交通大臣から登録を受けた民間の経営状況分析機関が行っています(注:過去には、当該許可の許認可庁が行っておりましたが、政府の行政改革の一環で、民間事業者に開放されました)。

 本手続きで、経営事項審査に必要となる経営状況点数(A)と経営状況評点(Y)を算定します。
 
なお、当事務所では、ワイズ公共データシステム㈱に当該手続きを依頼しております。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

099-254-8696

携帯番号 090-1874-2449

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。