今日は株式会社の電子定款認証を受けるため、鹿児島公証人合同役場に行ってきました。

電子定款とは、ワープロ等で作成した定款ファイルをPDFに変換し、その上に行政書士の電子署名を付したうえで、公証役場の公証人から電子的に認証を受けたもので、その成果物は、当該データをCDに焼いたものとなります。ただし、設立登記申請の際には担当職員に面倒を掛けないよう、別に紙ベースの定款の謄本を取得します。

紙ベースの通常のものではなく電子定款にするメリットは、何といっても費用が4万円節約することができることです。では、何故4万円も節約できるかというと、印紙税法の規定により、定款には通常4万円の収入印紙を貼付しなければなりませんが、電子で処理する場合は電子化していますので収入印紙を貼りようがないという嘘のような理屈ですが、本当の話なのです(笑)

なお、公証役場で定款の認証が必要な法人は、株式会社のほか、一般社団法人および一般財団法人、司法書士や弁護士、監査、社会保険労務士、司法書士などの法人、特定目的会社・相互会社などでです。
 

ちなみに公証役場に所属している公証人とは、元裁判官や検察官等が役所を退官した後に再就職という形で就任するもので、法務局管轄下の国家公務員という身分になります。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

099-254-8696

携帯番号 090-1874-2449

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。